配偶者ビザ申請で提出する「身元保証書」の記入について

入国管理局,身元保証書,

東京の配偶者ビザの専門家、アルファサポート行政書士事務所が配偶者ビザ申請の際に入国管理局に対し提出が求められる身元保証書について、

身元保証人としての適格性(てきかくせい)判断について気を付けるべきポイントや記入方法(記入例)について詳しくお伝えします。


身元保証人になる方は、課税証明書と納税証明書の提出が必要

配偶者ビザ申請の際に要求される「身元保証書」は、配偶者ビザの許可要件である生計要件に密接な関係があります。

 

ただ単に身元保証書に記入して提出すればよいというわけではなく、身元保証人としての適格性もチェック(審査)されるわけですから、だれを身元保証人にたてるのかを慎重に考えなければならないケースがあります。

だれが「身元保証書」を記入して身元保証人になるべきか?

身元保証人としての “ 相当性 “ はどこで判断されるか?

原則は、日本人である配偶者が身元保証人になります。

配偶者ビザ申請の際に求められる身元保証書は、外国人とご結婚をされた日本人の方が

書きます。保証の内容は、身元保証書に記載されているとおり次の3点です。

 

【保証対象】①滞在費※日本における生活費のこと ②帰国旅費 ③法令の遵守

 

①②が金銭的な保証であることから、経済的に余裕のある方のほうが身元保証人として

相応しいこととなり、「身元保証人としての相当性」は身元保証人が提出する課税証明

証明書から判断されます。

ケース1:世帯の収入を、外国人である配偶者のみが稼いで生活する場合

就労ビザをお持ちですでに日本で働いている外国人と無職の日本人が結婚する場合のよ

うに、外国人の方がすでに日本で十分な収入を稼ぐことができる職を確保している場合

には、日本人が無職であっても、特に問題はありません。そのまま身元保証人になって

いただいて良いです。

ケース2:世帯の収入を、日本人の方のみが稼いで生活する場合

この場合には、日本人の方に夫婦2人(すでにお子様など他に扶養する方がいる場合に

はその方を含む。)が生活できるだけの継続的かつ安定的”な収入が必要となります。

日本人に収入はあるけれども継続的でなかったり安定的でない収入源の場合は要注意で

す。審査対象はあくまでもご夫婦の収入なので仮にご両親などに追加で身元保証をお願

いしたとしても“気休め”とまでは言わないものの極めて限定的な効力しかありません。

 

良かれと思って身元保証人を増やしたことが、かえって審査官の心証悪化につながる

合もありますから軽率なご判断をせずビザの専門家に相談しましょう。

ケース3:日本人に十分な収入がなく、外国人も働いて家計を支える場合

日本人のお給料のみでは夫婦2人分(すでにお子様など他に扶養する方がいる場合には

その方を含む。)の生活費に満たない場合には、外国人の方の採用予定通知書(内定書

などを添付して、外国人の収入見込みを書面で証明する必要があります。

ケース4:日本人にご夫婦が生活できるだけのギリギリの収入がある場合

日本人のお給料夫婦2人分の生活費にギリギリ間に合う(足りる)という場合には、

日本人である配偶者以外の親族の方の身元保証書を一緒に添付すると補強の役割を果し

てくれることがあります。

しかし本来要求されていないご親族の身元保証書を予め添付するという行為はご自身

の収入に不安があることを自らが認めていることの裏返しでもあるので墓穴を掘ること

があります。この場合には申請全体の心証を損なわないような細やかな配慮が必要です。

 

また何をもってギリギリと考えるかについては人により幅があり、申請する当事者はそ

の点について楽観的にお考えになる傾向があるものの、入管や第三者から見れば全然足

りていないという判断が下されることもしばしばありますので思い込みは禁物です。

 

さらに近親者ではなくご友人に身元保証人をお願いされる方がいらっしゃいますが、ご

夫婦を支えようとする、あるいは支えることができる近親者がいないことを間接的に証

明することになりますのでこちらも注意が必要です。

ケース4:日本人が無職である場合

時折、日本人である配偶者が無職であり、外国人の結婚相手も日本での就職について

定をもらっていないような場合に、親族の方の身元保証書を添付することによって乗り

切ろうとされる方がいらっしゃいますが極めて慎重を要します。

あくまでも審査の対象は「夫婦の収入」であるからです。

日本人が夫婦の生活費を工面しなければならないのに日本人が無職である場合には、た

とえ金銭的に余裕がある親族が身元保証をしてくれてもそれだけではなかなか許可は下

りません。継続的かつ安定的な婚姻関係の存続に疑問符が付くからです。

ご注意:入管に提出する身元保証書の作成にあたり絶対にしてはいけないこと!

配偶者ビザ申請の際に入国管理局へ提出する身元保証書は、身元保証人ご本人が自署す

る必要があります。時折、遠方に住むご親族が自分で身元保証書を記入せずに、日本人

である配偶者がその親族の分も身元保証書を作成しようとする場合があるようなのです

が絶対にしてはいけません。

たとえそのご親族に代筆の許可をとったとしても、下手をすると虚偽申請の疑いをかけ

られたり、私文書偽造の罪に問われかねません。遠方であっても時間や手間を惜しまず、

かならず身元保証人ご本人に作成をしてもらいましょう。

お客様の在留資格がぞくぞくと許可されています!

配偶者ビザといえば、東京のアルファサポート行政書士事務所

身元保証書,入国管理局

弊社のサポート料金

弊社へのお問合せ


入国管理局に提出する身元保証書(ダウンロード)

入国管理局が配布している身元保証書
2017年1月現在のフォーマットです。外務省に提出する身元保証書とは異なりますのでご注意ください。
身元保証書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 33.2 KB